インティマシー・
コーディネーターの役割

日本語では「ラブシーン」や「ベッドシーン」などと表現される性的シーンを「インティマシー・シーン」と言います。
インティマシー・シーン撮影における制作側の期待値を十分に理解した上で、それを的確に俳優に伝え、演じる俳優を身体的、精神的にサポートするのがインティマシー・コーディネーターの大切な役割です。

俳優と制作側のミスコミュニケーションによって、撮影後に揉めたり、訴訟にまで発展するケースもあります。
このような事態は、双方の同意を取ってから進める、また途中でNOと言える状況を作ることなどで、容易に回避できることもあるのです。またNOと言うのを伝えるだけでなく、制作の演出にできるだけ沿うような代案を提案します。

俳優の、人としての尊厳を守るということだけではなく、同意がある上で、制作側のクリエイティブビジョンをどう表現していくかを最大限にサポートするのが、インティマシー・コーディネーターの大きな役割となります。

  • 俳優
  • インティマシー・
    コーディネーター
  • 制作

インティマシー・
コーディネーターの必要性

ハリウッドでの「#MeToo」運動、セクシャルハラスメントに対する問題提起をきっかけに、米国のHBOなど世界中の撮影現場でインティマシー・コーディネーターが起用されるようになって来ました。

LGBTQ+やニューロダイバーシティーの俳優を含む、あらゆる性的なシーンがその対象です。不安要素を一緒に解消していく事で、萎縮することなく演技に最大限集中できる環境が、求められています。

ワーク・フロー

  1. 制作側とのお打合せ
  2. 俳優とのお打合せ
  3. ガイドラインの作成
  4. リハーサル立合い・調整
  5. 本番での立会い・調整

CONTACT US

インティマシー・コーディネーターのご依頼・ご相談は
お問い合わせフォームをご利用ください。

RECRUIT

新卒採用・中途採用についての情報は
こちらの採用特設サイトをご覧ください。

CONTACT US

お見積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合には
お問い合わせフォームをご利用ください。